« eating Frankfurt 1 | メイン | Universitaet Frankfurt »

2014年03月02日

eating Frankfurt 2

こちらは,Apfelweinのお店にて:

アルコールなしで注文したんだけど,アルコールっぽい香りがするのが不思議(だけれど,本当にアルコールは入ってない)。

こちらは,フランクフルト名物のgruene Sosse (mit twei Eiern)

と,Frankfurter Rippchen:

grune Sosseは,ハーブ入りの緑のソース。ヨーグルトでも入っているのか,マヨネーズの酸味を強めたような感じで,割とさっぱりした味。まずくはなく普通な感じで,リピートしてまで食べたいか,といわれると微妙な味だ。

Rippchenの方は,出てきたときに,「あ,そうだ,これがドイツサイズだったorz」と気づく。肉の厚さが10cmくらいあるぉ.....(でもたった8.5ユーロ) で,味のほうはというと,骨付きあばら肉のはずなのに,意外に脂がついていないので,赤身中心。それだけだと単調なので,マスタードとコールスローで変化をつける感じになる。肉の旨みでいうと,以前食べた,アイスバインの方が旨みがあってよかったなーという感じ。とはいえ,肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉肉ぅーーーという感じがするところはいいですな。

これでとりあえずフランクフルト名物は征服できたので,次に来るときは,きっとソーセージの盛り合わせを注文すると思うw それが一番(゚д゚)ウマー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2969

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)