« chinese pie | メイン | Naruko Onsen »

2014年02月02日

osaka

慶応大に出張してきたので,大阪屋にて秋色最中とあわ大福をお土産にげっつ:

秋色最中は,三色最中を改名したものらしく,小豆・黒糖・栗の3種。感想を一言でいうと,「甘過ぎ」。いや,決してまずいわけではないのだけれど,小豆は皮の香ばしさでキャンセルされるものの,残り2種はちょっと甘すぎる。これなら,白松が最中の方がおいしいなーと思ってしまう。

これに対し,あわ大福の方は,あわのつぶつぶが野趣を引き出していて,なかなかおもしろい。粒餡の甘さも抑えてあって,こちらはいい感じにできてる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2949

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)