« un trois douze | メイン | osaka »

2014年01月30日

chinese pie

先日,ガレット・デ・ロワのために作ったパイ生地のあまりで相方がいろいろ料理している(たとえばこのキッシュ)

のを見ていてうらやましくなって,自分も何かパイ生地作りたいなーと考え,まず,粒餡を炊いてみる:

次に,これを使って,紅豆酥を作成:

久しぶりに中国式のパイ(水油皮と油酥を折りたたむ方式)を作ったけれど,バターを使うタルト生地に比べると,温度を気にせずほいほい作れるので,気温の高い地域(台湾とか)にはこの方法が適してるなーと再確認した次第。元々のレシピは,蛋黄酥のものなんだけれども,今回は,塩漬け卵が手元にない(作るのに時間がかかる)ので,金柑の甘露煮を芯に入れてみた。そしたら,意外にこれがあう。
中国茶のお茶請けにちょうどいい感じになって良かったb

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2948

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)