« equity finance | メイン | eating Stollen »

2013年12月19日

equity finance2

で,一昨日のエントリには続いて,

だから,増資は既存株主の利益を害する

って続くことがある。

は?

pecking order的に言うのならば,増資情報の公表によって,株価は企業価値を正しく反映して下落することになるのだから,それは別に既存株主の利益を害するわけではない(っていうか,既存株主のそれまでの幻想(?)が打ち壊されることになる)。それって別に悪いことではないんじゃない(むしろ,市場の効率性を考えると喜ぶべきことでは)。

昔懐かしの「増資を公表すると株価が上がる」っていう幻想は,もはやなくなって数十年たっているしねぇ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2923

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)