« Stollen | メイン | japanese parsley »

2013年12月11日

Baisaou - dec 2013

風花:

蠟梅:

蠟梅は,見た目通りのきんとん(内部は粒餡)。相変わらずだが,冬は,乾燥する分を考慮してか,上生菓子の水分含有量が心持ち多くなっている気がする。上に乗っている小豆(大納言?)が,非常にきれいに炊けていて,すぱらしく(゚д゚)ウマー

風花の方は,なんてことのない薯蕷饅頭かと思いきや,そこらの饅頭よりずっとおいしい。漉し餡は,賣茶翁の標準からするとちょっと甘みが強めで,水分が少なめに炊きあげられている。けれども,それが,ちょっと強めの皮と張り合う形になっていてバランスがとれているので,よい。ただ単に雪の結晶が刻印されているだけではないのです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2918

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)