« red spider lily | メイン | pepper »

2013年09月25日

nagato

久々の長門にて,久寿もちとおはぎ(こしあん・粒あん)をげっつ:

(運ぶ途中でこしあんの方がちょっと壊れてしまったorz)

で,「おはぎ」という名前がつきながらも,ほとんど上生菓子(お値段も1個300円位する!)。

粒あんは,先日の亀末廣の最中ほどの透明感はなく,「おはぎ」の見た目を維持してはいるけれども,やはり雑味を取り除いたすっきりした味。おはぎの感じを残しつつ,もはやおはぎじゃないだろーと思わせるような感じ。

こしあんの方は,よりいっそう上生菓子に近くなる。さすがに腕のいい和菓子屋さんが作った餡はうまい。

塩味ばりばりの秋保おはぎとは違うぜwww お値段も全然違うけれど(かなり小さめのおはぎなので,コスパの悪さは圧倒的)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2874

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)