« Osteria giada | メイン | payment agency »

2013年09月18日

drops of silk

先日の大阪出張で,マツケンさんから,亀末廣の絹のしずくと:


せんべまんじゅう美代をいただく:

絹のしずくは,口の中に入れるとほろほろしゅわーっと溶ける落雁に,塩味の大徳寺納豆が3粒。落雁の溶ける食感の良さと,納豆の塩味の対比が面白い。前に,ここの竹裡をいただいた記憶があるけれど,ちょっとユニークな作りをする和菓子屋さんだ。

せんべまんじゅうの方は,粒あんの最中だけれど,この餡がうまい。賣茶翁もそうだけれど,上手な和菓子屋さんが丁寧に炊きあげた餡は,雑味をきれいに取り除いた透明感があって,見た目にも美しいし,味もいい。

ちょうど同時に,消費期限(ryで有名な赤福をお土産に買って帰った(ただし@新大阪駅)のだけれど:

比較すると,やはりこちらは,工場での大量生産なだけあって,味に雑味が残って,後味がしつこく感じてしまう。いや,別に赤福だって,人気があるお土産なだけあって,決してまずくはないんだけれども,比較すると,餡の味が全然違うよね。かけてるコストも違うし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2870

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)