« todo list for ELS | メイン | pavillon 2013 »

2013年08月21日

beef tongue 2

何の因果か,一週間以内にもう1回牛タンを食す羽目になった。今回は,利久サンモール一番町店

牛タン炭焼き:

牛タン【極】:

刺身盛り合わせ(初サンマ入り):

牛タン握り:

笹かま:

登米のなすの煮浸し:

牛タンシチュー:

素麺:

利久は,牛タン店の中では人気店だけど,店ごとに料理人が違うので味が違う。かつては,青葉区なら東口本店・東口分店あたりがいい(泉区はまた別),っていわれていたけれど,BSE騒ぎの後に他店を買収して巨大化したので,どう変わったか,っていう点はちょっと気になる(BSEの後に利久に行くのは,これが初めて)。
幸い,直近に閣で食べていてその記憶が残っているから,比較は簡単だ。

で,結論を言うと。

閣の方がずっとおいしい。牛タン焼きは,閣の方がずっと柔らかいし,閣のたたきは,脂が舌の上で溶ける感じがすばらしかった。こちらの利久の【極】は,厚いだけであまりノーマルと変わらない。

まぁ,前述したように,利久は昔から店舗毎に味が違うといわれているので,ほかの店舗だとまた違うかもしれない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2855

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)