« at the end of june | メイン | hachiman in the rainy season »

2013年07月01日

minaduki

賣茶翁にて。

水無月は,6月28・29・30日の3日間しか売っていない:

相変わらず,小豆が信じられないほどうまい(丹波大納言とのこと)。丁寧に炊きあげられていて見た目もきれいだし。もちろん,下の外郎生地もおいしいんだけど。安いところだと100円くらいで売ってるけれど,それとは別物だ(こちらは350円なり)。

ほたる灯:

先日,台原で蛍を見たので。闇に浮かぶ蛍の光,っていう表現。見た目が楽しい。実際の蛍の光の色は,もうちょっと黄緑って感じではあるけれども。下は羊羹生地,上の透明部分は寒天で,割とさっぱりとした味。

葛まん:

こちらは,みずみずしい漉し餡がおいしい。見た目も涼しげ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2822

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)