« scraping | メイン | summer festival »

2013年07月27日

cba

科研費の不正流用があったらしくていろいろと騒がしいけれど,これでまた,使用ルールが厳しくなるなぁ,ということが予想されるわけです。

んでも,不正流用を防止するために,どれくらいコストがかかるのか,そして,そのコストがベネフィットを下回っているのかどうかを,制度設計している人は本当に考えているんだろーか,ということが気になるわけですよ。

たとえば,最近,デスクPCを新しくしたので,それに伴って古いPCのハードディスクの中身をそのまま活用しようとして,ロジテックのハードディスクライターを買おうとしたんだけれども。

ロジテックのWeb直販価格は,この通り,4280円なり。

ところが,このロジテックのダイレクトショップは,「請求書+納品→検品→代金後払い」という弊社の不正防止システムに対応していないので,ここで直接買うことはできない。

そうすると,弊社の事務は,業者に発注することになる。発注先の業者が,ロジテックに注文してこれを購入して納品し,後から弊社がその業者に代金を支払うことになる。
その結果のお代は,5860円なり。

というわけで,4280円のものを購入するのに,1580円(37%!)もの手数料を業者に支払うことになる。もちろん,これは,単価の安い物品を購入しているので,手数料の割合が高く見えているだけかもしれないけれど,まぁ結構なお代だ。

そして,こういう手数料の支払いが,全国の大学で「不正防止」のためになされているわけで,その金額は膨大なものになっているはずだ。それ(に加えて,さまざまな人件費とかもかかっている)が,今回不正流用された数千万を上回っているのか,下回っているのか,を,制度設計者の人たちは,きちんと考えているのかなぁ,というところが疑問なわけです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2837

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)