« firefly squid | メイン | reese's »

2013年05月04日

synthetic control

イスラエルの学会で報告するペーパーのリバイズ締め切りが明日なので,ヘドニックペーパーに加筆してました。
# ま,締め切りが5月5日ってことは,イスラエル時間で5月6日月曜日の始業時間の前までにメールすればいいよね ぇw

その過程で,synthetic control使って見ようと思って試しにやってみたら,いまいちうまくcounterfactualが作れない。何か変だなーと思って,グラフを作ってみたら:

あー,なるほど。

ウェイトをつけてcounterfactualを作るためには,基本的に,福島より上側にある県と,下側にある宮城県(仙台市)を組み合わせる必要があるわけだけれど,仙台市の変動の仕方が,他の県と違ってかなりクセがある。synthetic controlを作ると,どうしても,仙台市のこの変動に引きずられて,うまくフィットしなくなるわけね。(ちなみに,同一市内であれば,だいたい同じようなトレンドを持っている)

2008年から後のデータであれば,この問題は解消されるけれど,そうすると,counterfactualを作るのに,3年分のデータしか使わないことになる。それだと,data-drivenでcounterfactualを作るsynthetic controlのメリットが失われちゃうからなー。

というわけで,痛し痒しな状況ですorz

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2785

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)