« spring garden 3 | メイン | brown seawead 2013 »

2013年04月12日

is it special?

で,先月に上海に行ったのは,East Asia Law & Societyの3rd annual conferenceでの報告のためだったのだけれども,そのadministrationがなかなかふるっていた。

- ペーパーがアクセプトされたのに,プログラムに僕のペーパーが載らない
- 2回,載らなかったので,program committeeにもCCを入れてクレームを入れたところ,最後の3回目(大会の1週間前)でやっと掲載された
- 最初の2回でプログラムに載っていたのに,最終版でプログラムから消えた人もいる(別にwithdrawしたわけではない)
- 最終版のプログラムでは,2つのパネルの内容が全く同じ(要するにコピペ)
- 結局,当日では,3時間で20人(!)なんていう報告を処理したパネルも出た

さらに,ホテルの手配も怪しくて。
- 僕がadministrationにホテル予約をお願いしたところ,「Prof. Johns,ホテルとりましたよー」と連絡が来た。ちょwwwwwwww
- 危ないと思って,ホテルに着いた日に予約内容を確認してみたら,1日少なかった。が,univ rateで延泊させてくれた。
- とある人は,違うホテルに予約を入れられて,1週間前に「それ違う!」とクレーム入れたら,「予約取り直しました」と返事があったので,現地に行ってみたら,予約が全く入ってなかった。が,univ rateで宿泊できた。

などなど。というわけで,事務局の手配がめちゃくちゃ。しかし,まぁ,当日は何とか(?)なった,というところがまた不思議。

こんなgdgdは初めてだったので,「この学会って毎回こうなの?」と前回にも参加したことのある人に聞いてみたら,「いや今回が初めて」とのこと。

というわけで,議論になったのが,
- これって中国だから?
- これって上海だから?
- これって上海交通大学だから?
- これって上海交通大学の特定の個人が事務してたから?
の,どこにネックがあったのか,というところ。とはいえ,ホテルでごり押しが簡単に効いてしまうことからすると,ある程度の一般化はできそうな話ではありそうだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2771

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)