« gateaux au chocolat | メイン | Bernard Loiseau »

2013年02月15日

Frédéric Hawecker

相方からいただいたチョコその1。Frédéric HaweckerLe FLOCON de provence(プロバンスの雪の結晶):

シャリシャリした感じのプラリネに,酸味のあるジュレ。オレンジにしては柑橘な香りがしないし,ラズベリーともちょっと違う。不思議な味のジュレ。で,最後にキリッと何かが入る。

で,原材料を見てみると,ジュレは,リンゴ+無花果+洋なし。分かるかーw 使われているものの割には酸味が強い気がするけれど,リンゴ(紅玉(ジョナサン)みたいなの?)と無花果なのかなぁ。
プラリネは,スペキュロスクッキーというものらしい。なるほど,サンタクロースのクッキーか。もともと,このチョコは,クリスマスシーズンにしか発売されないものらしいのが,今年のサロン・デュ・ショコラに来たとのこと。
そして,最後にキリッと入ってきた何かは,生姜だった。なるほど。

面白い対比とバランスのチョコで,(゚д゚)ウマーでした。ありがとうございます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2736

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)