« Frédéric Hawecker | メイン | and others »

2013年02月16日

Bernard Loiseau

相方からいただいたチョコその2。Bernard LoiseauBalade en Bourgogne

fleur de sureau(ニワトコの花の香り),morvan(黒トリュフ+モルヴァン産ヘーゼルナッツプラリネ),pignons(松の実+もみの木プラリネ),raisins noirs(燻製レーズン),の4種類が入ってる。

最初にニワトコから逝ってみる。ミルキーなチョコでやや甘い。不思議な味と香りなのだけれど,よく分からない。っていうか,「ニワトコ? 何それおいしいの?」っていうくらい全然知らないので,wikipedia先生に質問してみる。うー分からんorz 日本でも生えてるってことだけど,気にしたことないなぁ...

続いてモルヴァン。プラリネはすばらしくおいしい。が,黒トリュフが分からんorz 相方も「最後のこれかなぁ?」と言っていたので,相当微妙な使い方なんじゃないだろうか。

お次は黒レーズン。(゚д゚)ウマー チョコに入れるレーズンだと,ラムレーズンにしてることが多いけれど,なるほど,燻製か。確かに燻製の香り。ガナッシュととけあって非常にバランスがよい。これだけ,皮のチョコにダーク目なものを使っている。

最後に松の実。松の実のナッティーかつオイリーな感じが,プラリネの雰囲気をずいぶんと変える。松の香りが立ち上る感じのする個性的なプラリネだけど,もみの木の針葉樹っぽさを感じ取るのは,ちょっと難しいorz

というわけで,おいしいことはおいしいのだけれど,(少なくとも日本に住んでいる人には?)難易度の高く,難しいチョコだなーという感じ。食べる人を相当選ぶんじゃなかろーか。Haweckerの方は,文句なく素晴らしいんだけども。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2737

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)