« Bernard Loiseau | メイン | valrhona »

2013年02月18日

and others

Morozoff:

Demel:

Godiva:

今までのサロン・デュ・ショコラのフランスのショコラティエと比較すると,この辺は全然別物。

まず,モロゾフは,甘い。ミルクチョコ。同じ傾向は,ゴディヴァも同じで,やっぱりベルギーチョコって,こういうミルキー系だよね,という感じになる。とはいえ,やはりゴディヴァの方がモロゾフよりもおいしい。
日本人は,こういうミルクチョコが好きだという前提に立って,そういう消費者にあわせた商品作りをすると,こうなってくるのかもしれない。
これらに比べると,デメルはダーク。ラングドシャのような形のチョコで,ちゃんとおいしい。コーヒーのお供にいい感じだ。とはいえ,ヴァローナの産地チョコに比べると,酸味とか香りとかの個性はあまりないので,その辺を食べ慣れている人には,ちょっと物足りないかなぁ。

というように,サロン・デュ・ショコラのショコラティエが,側のチョコはとても薄くして,どのようなハーモニー・組み合わせを作り出すかで競っているのに対し,日本やベルギーのチョコは,側のチョコをメインにしてその甘さで勝負(悪くいうとチョコでごまかす),というので方向性が全然違う。サロン・デュ・ショコラの方は,神経を集中させて食べないと,そのすごさを理解できないのに対して,日本やベルギー系は,もうちょっとお手軽につまむことができる。
そうだとすると,サロン・デュ・ショコラ系は,食べて理解できる人が限られてくるわけで,人を選ぶチョコになる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2738

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)