« breaking up | メイン | donto-sai »

2013年01月13日

Crème brûlée

生クリームが余ったので,クレームブリュレを初めて作ってみた:

魚焼きグリルでやってよく見えなかったので,カラメルを焦がしすぎたけど,まぁ許容範囲。

で,食してみたら,これがなかなか(゚д゚)ウマー 下手なカフェで食べるのよりも,濃厚でおいしい。

逆に,そういうカフェがどうやってクレームブリュレを作っているのかが,だいたい想像がついた:
- クレームブリュレの材料は,生クリーム・卵・牛乳・砂糖・バニラ
- 生クリームの割合を高めると,コクがあってとろっとしたクレームブリュレになるけれど,牛乳の割合を高めるとあっさりとした感じ,卵の割合を高めるとプリンのように固めになる
- このうち,もっとも原価がかかるのが生クリーム(4個分で200ml1パックくらい使う),卵は3個で50-80円くらい,牛乳20円ってところか。
- 原価率を抑えて利益率を上げるためには,生クリームをけちるのが最も効果的

っていう仕組みだな。

自分で作ると,味も好みにコントロールできるし,量もお店みたいに少量じゃなくていくらでも食べられるので,すぱらしい!

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2715

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)