« confidence trick | メイン | winter solstice day »

2012年12月18日

Janssons frestelse

某所に触発されて,ヤンソンの誘惑を作ってみた:

ぐぐってみるとレシピはいろいろあって,オリジナルはスウェーデンのansjovis,つまり鰊の酢漬けを使うらしいのだけれど,日本ではこれは手に入りにくいので,別のもので代用する人が多い。発音が似てるアンチョビを使用する学説と,オイルサーディンを使う学説とがあるようなのだけれど,とりあえずアンチョビで作ってみた。

上にかけるのも,パン粉をかけるのとチーズを振るのとがあるし,生クリームで行くのと牛乳で行くのとがあって,いろいろ流派があるらしい。
今回は,生クリームに,赤ジャガイモに,パン粉に,昔ドイツで買って来たパルメザンを削ってかける,という方式で。

で,シンプルで,北欧料理らしく色がないんだけど,うまい。アンチョビの旨みとジャガイモがよくあう。それに生クリームだと,体が温まって,まさに冬の料理という感じ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2697

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)