« conferences 2012 | メイン | salmon »

2012年10月20日

abstract

人から科研申請書の添削を頼まれて。

研究内容の「概要」を見て,これだとダメじゃん,と。概要の書き方がなってない。

法学以外の社会科学(自然科学でも)では,概要は論文の命。読者は,概要を読んで,論文本体まで読むかどうかを決める。だからみんな,論文本体よりも概要を気合いを入れて書く。10回書き直すぜ!と言った人も知人にいる。

けれど,法学は,概要がないのがデフォ。少なくとも日本はデフォだし,USのローレビューでも概要がないのが結構ある。法学論文は,全部よめってかー,読者に不親切なーと思うんだけれど(そういう場合でも,まぁイントロだけ読めば,読む必要があるかどうかが分かるとも言う)。
そういった環境のせいか,概要の書き方がいい加減で,読者にとっての魅力に欠けるなーと思ったわけです。概要を読んだだけで,何が売りなのか分かるように書かないとあきまへん。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2659

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)