« 2012年07月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月31日

●editing a book

某書の編集会議がやっと終了。

なかなか今までにない本になりそうです。

僕のパートは,「長すぎるので短くしろ」と言われた以外は,だいたいOK。しかし,これを短くするのが大変なんだよなー...

続きを読む "editing a book"
2012年08月30日

●univ in kunimi

昨日,用事があって東北文化学園大に行ってきました。

まずは激坂。仙山線国見駅はたまに使っているけれど,いつも徒歩で行っていたので,今回,初めてママチャリで。そしたら,48号線から上がっていく道があまりの坂で(歩いているときにはあまり考えなかった),さすがに途中から押して歩く羽目にorz
さらに,あっという間に手にまめができてつぶれてしまったorz さすがにママチャリにサイクリンググローブはあわないからなぁ。次はMTBで来るべきか...

続きを読む "univ in kunimi"
2012年08月28日

●router

日曜日に川内地区で,点検のための停電があったのだけれど,その後,どうもネット接続がおかしい。

で。いろいろ試してみた結果。

続きを読む "router"
2012年08月25日

●bureaucracy and legislature

Legislatures, Bureaucracies, and Distributive Spending MICHAEL M. TING (APSR 2012)
Abstract:
This article develops a theory of bureaucratic influence on distributive politics. Although there exists a rich literature on the effects of institutions such as presidents, electoral systems, and bicameralism on government spending, the role of professional bureaucrats has yet to receive formal scrutiny. In the model, legislators bargain over the allocation of distributive benefits across districts. The legislature may either “politicize” a program by bargaining directly over pork and bypassing bureaucratic scrutiny, or “professionalize” it by letting a bureaucrat approve or reject project funding in each district according to an underlying quality standard. The model predicts that the legislature will professionalize when the expected program quality is high. However, politicization becomes more likely as the number of high-quality projects increases and under divided government. Further, more competent bureaucrats can encourage politicization if the expected program quality is low. Finally, politicized programs are larger than professionalized programs.
2012年08月20日

●citing behavior

NBLの8月1日号に蟻川さん(ファイナンスの方)と弁護士さんによる

風評被害立証における経済学的証拠の活用

というペーパーが載ってますが,これについて蟻川さんと話していたとき言われたのが:
弁護士と一緒に書いていてびっくりしたのが,引用するときに注の中で書くのと,いちいちページ数まで指定しなければいけないって言われたことだよね。その辺,もりたさんのは,経済学っぽい引用方法してるから,楽でいいよねw

そう,法学での文献引用の仕方って,2つ特徴がある。

続きを読む "citing behavior"

●eating Chicago 5

M&Mクッキーとか(笑):

続きを読む "eating Chicago 5"
2012年08月19日

●pavillon


続きを読む "pavillon"
2012年08月16日

●obon

今年も,おくずがけとおはぎ(いずれも自家製):


いずれも相方作。おくずがけは,福島にはないそうで,宮城特殊なお盆の地方料理らしい。おはぎは東北らしくずんだです。

続きを読む "obon"
2012年08月13日

●eating Chicago 4

最終日は,昔,頻繁に通ったCafe Ibericoへ。ここ,安くて旨いので,いつも入り口のwaiting areaで30分から1時間くらい待たされていたけれど,今回は,待たずに入れた。まだ6時台だったからかな。


続きを読む "eating Chicago 4"
2012年08月11日

●northwestern ws wrap-up

というわけで,昨日でWSが全部終わって,これからO'Hareに向かって帰国しまつ。

WSの全体的な評価としては

- instructorがネ申ぞろい(その分野の一線級)で,説明がすばらしくうまい。まぁ,初日のRubinは別として,他の日のinstructorはいずれも,theoryだけじゃなくて自分で実際に実践もしているので,実践的な話がたくさん聞けてよかった。こういうのをまとまって聞ける機会は,日本国内ではまずないな。
- 話のレベルも,僕にはちょうどよい。一緒にいた某ファイナンス学者さんもちょうどいいと言っていたので,matrix algebraが自由に使えこなせてstataのコードもすらすら書けて,というレベルの人であれば,この分野の先端が分かるので,楽しめる。逆に,その辺の基礎知識がないと,話について行くのは難しいだろう。実際,「こいつは理解できなくて脱落してるなー」という人もちらほらといた。

続きを読む "northwestern ws wrap-up"

●eating Chicago 3

Siam noodle and rice:

続きを読む "eating Chicago 3"
2012年08月09日

●eating Chicago 2

相方から,「肉だ!肉を食べた写真をくれ!」といわれたので,Wildfire restaurantsにて,お勧めのrib-eye (medium rare):

続きを読む "eating Chicago 2"
2012年08月08日

●eating Chicago 1

Baba Place

続きを読む "eating Chicago 1"

●downtown of chciago

久々のChicago。なつかしー:

続きを読む "downtown of chciago"
2012年08月07日

●Oak Park

昔Chicagoにいた2年間に行ってなかった(!)Oak Parkに行ってみた。

続きを読む "Oak Park"

●northwestern ws day 1

で,昨日からNorthwesternでのworkshopに参加しているわけですが。

まぁ,Donald Rubinが計量経済学が嫌いだってことはペーパー読んでいれば明らかではあるけれど,実物がここまで嫌っているとはwwwって感じ。確かにcausal inferenceの生き証人であるわけだけれども。Heckmanと同席させて喧嘩させてみたいなーと思う次第。Levittみたいにヘタレずに(←この小咄は法セミ連載でそのときが来たら書きます)ガチバトルしてくれそうでwktk

で,Rubinについては想定内だったのだけど,想定外だったのがBlack。彼は,会社法をメインに経済分析する人っていうイメージがあったのだけど,全然違ったwww

続きを読む "northwestern ws day 1"
2012年08月02日

●re: ATE on untreated

前にも書いたけど,というタイトルの巻頭言が,金融・商事判例の8月1日号に載りました。

続きを読む "re: ATE on untreated"

●flygin fish

飛び魚のなめろう:

続きを読む "flygin fish"
2012年08月01日

●plum works 2012 (2)

土用干し:


今年は奮発して4Lを買ったので,なかなか豪華。うまそー。

続きを読む "plum works 2012 (2)"