« chocolate from airport? | メイン | visiting koriyama »

2012年06月01日

monte carlo

法セミ連載第10回(7月号・6月12日発売予定)のソースコード,R版しか載せてませんでしたが,昨晩,Stata版も追加しました

Stataによるモンテカルロは,Rほどやり慣れてないので,Rの場合ほどきれいなグラフは出てこないけれど,基本的には同じことをやってます。

具体的に言うと,シミュレートされた同一のデータセットについて,2つのregressionを行って,それぞれの推定結果を取り出す方法を知らない(普通にやると,最後のregressionの推定結果だけが関数の値としてreturnされる)。estat storeでもつかうのかなぁ... 調べるのが面倒くさくなって(どうせRでモンテカルロはいくらでもできるし),これ以上やるのあきらめました。
まぁソースコードの公開は,ある意味ボランティアっぽいところもあるし。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2570

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)