« cinco de mayo | メイン | role of legal scholars »

2012年05月07日

kazunori ikeda

南町通りに去年の12月に開店したばかりのオサレ系ケーキ屋さん,kazunori ikeda individuelに行ってみた。片平で授業した帰り道にお土産に買うのにいい場所にあるね。

pink lady:

Paris-Brest:

お値段は,どれも高めで500円前後。どちらかというと,東京のケーキ屋に多い値付けで,仙台だとterrace Lと同じ辺りだ。腕を見るために,傾向の違う2つのケーキをげっつしてみた(ナッツ系とさわやかフルーツ系)。

パリ・ブレストは,プラリネを練り込んだシュークリーム。クリームのプラリネの効いたナッツィーな味はなかなか。ただ,シューの焼き加減はいまいちかな。夕方に買いに行って時間がたっていたせいかもしれないけれど。

ピンクレディーの方は,最近はやり(?)のオサレ系ムース。苺ムースの中に,ピスタチオのクレームブリュレ,苺のダクワーズ(?),ピスタチオのダクワーズ(?)が隠れている。苺のさわやかな味と,ピスタチオのまったりとしたまろやかさの対比がいい。ダクワーズも,それぞれ苺・ピスタチオの香りが高くておいしい。

で,確かにとてもおいしいのだけれども。最近の腕に覚えのあるパティシエさんは,こういう風に,素材を再構成して驚きを持たせる方向に走るのが多い感じがする(材料費をかければおいしくなるしね)。そしてそれはそれでとてもおいしいのだけれど,旧SHISEIDOとかガトーメグロとかプルミエールみたいな,ストレートでシンプルな作りのケーキでも安くておいしいし,それでいいんじゃないかという気がしないでもない。まぁ,自分で作るケーキもそういう方向性のものばかりだしね。

ともあれ,こういった方向性のパティスリーが仙台に増える(terrace Lに続いて2軒目?)こと自体は,消費者の選択の幅が広がるわけで,いいことなんじゃないかな。今までこういうタイプのは,東京なんかに行かないと買えなかったわけだし。ただ,terrace Lに比べると,味の鮮烈さに劣るな,という感じなので,ここに買いに行くならterralce Lの方が好みかなぁ。まぁ,他のものを食べ比べてはいないので,もうちょっと食べてみる必要があるかもしれないけれども。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2555

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)