« model structure | メイン | adversaria »

2012年05月19日

eclipse

仙台は金環蝕にはならないんだけど,天候的にはセーフで,雲がかからずに蝕が見られるっていう予報ですね。今のところ。

で。今回の騒ぎで一番びっくりしたのは,

太陽を下敷きにかざして見るのはいかん

という話。自分的には。

いやだって,僕が小学生の頃は,厚めのプラスチック下敷きにかざしてもろに日食を見ていたような記憶が。

これをすると網膜を痛める,という話(ちなみに,その症例名が「日蝕網膜症」というんだというのにはちょっと笑った)なんだけど,もしそうだとすると,僕の世代では,網膜を痛めた子供が大量にいたことになりそうだけれど,そういう話はあんまり聞いたことがない。

そのような状態になっている理由はたぶん次のどれかで:
- 実は昔の下敷きは性能がよかったwww(にしても,大学生くらいから,ノートをとるのがボールペンか万年筆になったので下敷き使わなくなったなー)
- 実は昔は大気の減光率が高かったので,直接見ても案外太陽エネルギーは小さかった
- 実は網膜痛めた子供は多数いた(僕自身も?)んだけれど,自覚症状が(あまり)なくて,ケースとして上がってこなかった

3番目が一番plausibleかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2560

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)