« spring garden 5 | メイン | kazunori ikeda »

2012年05月06日

cinco de mayo

行列のできる賣茶翁より。端午の節:

あやめ衣:

今年も兜が美しい。あやめ衣の方は,色合いの美しさもさりながら,中に包まれている餡がおもしろい。白あん(?)に小豆を混ぜ込んだもので,白あんのさっぱりさに小豆のパワーが少し混じる感じが,上品でとてもおいしい。

葛粽と柏餅(漉し餡・味噌餡):

こちらも相変わらず。開店1時間後に行ったら,もう粽の3本組はなくなりかけていた。ぎりぎりでげっつできてラッキー。
粽は,餅米じゃなくて葛なので,透明感がすぱらしい。これが食べられるって,仙台はいいね。笹の香りが移っているところもいい。柏餅も,スーパーのとは全然違うぜ(お値段も4倍だけどw)。特に,味噌餡が,吟醸香のような華やかな香りがして,激(゚д゚)ウマーなのだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2554

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)