« Gyeongbokgung | メイン | national museum of korea »

2012年03月28日

Suwon

水原に行ってみた:

華城からの眺望はすばらしい。城内は高層建築が多分禁止なのね:


この華城は,世界遺産に指定されてはいるけれど,一度日本に破壊された後で,この数十年で修復された箇所が大部分で,そういった修復箇所と昔からのものが無事残っている部分(下の右の櫓とか)とでは,明らかに作りが違う。修復部分は作りがかなり雑なのに対し,18世紀から残っている部分は,石組みや部材の選択が美しい。こういうのを見てると(台北の故宮なんかでも感じるけれど),美術品の美しさって,技術に依存してるっていうよりはむしろ,value of lifeの安さに依存しているんじゃないか,っていう気がしてくる。value of lifeが低ければ,その分,人的資源をつぎ込んで華麗な美術品が作れるからね。


こちらは,城内に修復された水原行宮:


ドラマ「チャングムの誓い」のロケ地ということで,その辺をターゲットにしてる。僕自身は見たことがないけれど,一部見たことがある相方が「あーこれチャングムだ-」とのたまってました。アニメの聖地巡礼とロケ地ツアーって同じようなものなのかなぁ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2530

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)