« burdigala | メイン | wakame »

2012年02月18日

sebastien bouillet

義理チョコにSebastien Bouilletのtablette fraiseをいただく:

開けてみると,

おおっ!てな感じに美しい。マジお花畑。まるできゃりーぱみゅぱみゅのやうだ。

で,味の方は。
見た目の華やかさの割には,非常に大人な味。かなりビターなチョコレートを使ったタブレットに,バニラガナッシュ入りの苺ドームと,フリーズドライの苺・ピスタチオ・ピーカンナッツがちりばめてある。このフリーズドライ苺が,某六花亭のものとは異なって非常にフレッシュでさわやかな味で,ビターなタブレットによく映える。ピスタチオの香りも強いアクセントになっていて面白い。
苺ドームの方も,ガナッシュがさほど甘みが強くなく,ここを含めても,いぜんとして全体の味の基調はかなりビターで大人な味。
かわいらしい見た目の方向性と,味の方向性とに,かなりギャップのある作りでした。

ありがとうございました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2504

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)