« eating Nagoya 2 | メイン | gateaux au chocolat »

2012年02月13日

eating Nagoya 3

美濃忠の季節限定(2月~5月)・初かつを

これ,一度食べてみたかったんだよね。

開けてみると:

おおっ。切り口も,確かに鰹の筋のようで美しい:

味は,基本的には,上がり羊羹と同じ方向性で,あっさりとした蒸し羊羹系だ。もちろん,上がり羊羹のように小豆は使っていないけれど,くず粉を混ぜて透明感を増した蒸し羊羹に,ほんのりと味がついていて(ちょうど,ういろうを思いっきり上品にした感じ)で,大変おいしい。上がり羊羹と同じく,「羊羹」っぽいにもかかわらず,ばくばく食べられて,二人で1本を余裕で完食しそうな勢い。

やはり蒸し羊羹に関しては,東京の長門と名古屋の美濃忠が一番だなぁ(っていうか,それ以外に作っているところを知らない)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2501

コメント

蒸し羊羹だと、あとは静岡に追分羊羹がありますね。上がり羊羹に比べるともう少しもっちりしていて、包装に使う竹皮の香りが羊羹にも移っておいしいです。静岡の新幹線ホームで売ってますが、東京とかだと手に入らないかも知れません。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)