« nonproprietary damages | メイン | factory »

2011年12月09日

riso canovietta

本日は,Symposium on Corporate Governance in EU and Japanに出た後,こづやん・Mさんとともに東京駅GranstaのRiso Canoviettaで夕食(トマトソースのカボナッタ):

米のゆで加減は絶妙。なかなかこれは自作では慣れるまで難しい。

パンチは控え目(チーズや唐辛子・ニンニクなどはあまりしない)でやさしい味(上の写真は,チーズのトッピングをプラス)だけれども,味はしっかりとしていておいしい。
駅ナカなので,ちょっと高めだし,パンチの効いたイタリアンに行きたい人には向かないだろうけれど,そうでなければお勧め。場所は,八重洲地下中央口の改札横。

あ,ちなみに,シンポの方は,なかなか面白かった。ちょっと初めの質問者の人たちが,業界人っぽくなってしまったので,アカデミックな方向へ議論が流れるように,誘導質問してきますたw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2455

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)