« without patent application | メイン | christmas »

2011年12月21日

akamaru

雑司ヶ谷にある赤丸ベーカリー

下町の住宅街の交差点の角にある。目白駅からだと,目白通りを進み,都電荒川線を越えてから細い路地を下っていったところに,突然お店が出現する。この交差点の周囲だけお店が残っていて,昔は商店街だったのかもしれない(ちょっと逆光が激しいorz):

(Ultron 40mm F2)

げっつしたのは,上食パン:

赤丸プリン:

赤丸ラスク:

カレーパン:

どれも至ってフツーの味だ(いい意味で)。材料にこだわっているわけではないし(そんなにいい粉を使っているわけではない),技術的にもすごいわけでもない。どちらかというと,昔ながらの「町のパン屋さん」の作り方を維持しているところが,かえって個性を発揮しているところが面白い。
食パンも,リッチさだったら,近所のみやぎ生協のパン屋の方がおいしいし,ラスクだって最近のおしゃれなラスクはもっと上品な味だし,プリンも最近はやりの「とろとろ系」ではない。ラスクは,余ったパンを揚げて,たっぷり砂糖をまぶしたぜ!って作りでがつんと甘いし,プリンも卵の黄身が強いかっちり堅い作り。僕なんかが自分でお菓子を作るんなら,こういう方向で作るよね,といういわば「ご家庭の味」をまじめに作って見せました,というところが,上品さはまったくないのだけど,原始的かつ直接的に旨い,という方向性なのですね。
だから,食べログを見ても,そういう方向性に郷愁を感じる人からは評価が高いし,純粋に味を追い求める人からは評価が辛い。
うちは,割と前者派だったので,同じく近所の西友で安売りしていた牛もも肉(オージー)で相方が作ってくれたお手軽ローストビーフにあわせて食す:

グレービーソースも合わせて食パンに挟むと,激(゚д゚)ウマー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2465

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)