« eating Sapporo 2 | メイン | xinjiang sweets »

2011年11月16日

susam

で,北海道土産。

先日,「すぎの」でいただいたシシャモがとてもおいしかったので,新千歳空港で,鵡川産シシャモなるものをげっつ。「すぎの」でも,雌でなくて雄を食べたので,今回も雄。雄の方が雌よりもはるかに安い(1連2000円に対して1200円程度)のだけれど,それでも,普段,スーパーで買ってる1匹10円くらいのノルウェー産カラフトシシャモに比べると,高い。こんな高いシシャモ買うのは初めて:

グリルで焼いてみる:

お味は,やはりうまい。ノルウェー産とは違うぜ。何かに似てるなーと感じたのだけれど,そう,鰰だ。小さい白身魚の,旨みがぎゅっと濃縮された感じがよく似ている。
白身魚っていうと,鯛とか鮃を連想してしまうけれど,それと比べると,こういう小魚の方が旨みの濃縮感がある。逆に言えば,鯛とか鮃ってのは,大味と言えるのかもしれない。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2440

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)