« pain au traditionnel | メイン | witch »

2011年11月28日

stata tips

法セミ「法律家のための実証分析入門」のソースコードでコメントが来たので,1点だけ解説をば。

Stataコードの冒頭の方にある

local dir "C:/Users/MORITA Hatsuru/Documents/ec"

log using "`dir'/IntEmpR5do.log", replace

ってなんぞや?っていう点。これってStata使いには常識化しているTIPSだと思っていたのだけれど,案外そうでもなかったのね。

解説すると,1行目のlocalっていうのは,ローカルマクロを定義する命令。なので,「dir」という単語に,その次のダブルクオーテーション内の文字列を定義している。それを,2行目の「`dir'」という部分で参照していて,コードを走らせるときに,Stataはこのマクロを解釈して定義内容へと読み替えてくれるわけ。

これを使うと便利なのは,複数のマシンを使ってStata回していたり,あるいは複数人でStata回していたりするときに,このマクロの定義内容のところだけ,自分のマシンにあうようにフォルダ名(上の例だとドキュメントフォルダの中のecフォルダ)を書き換えれば,後はこのソースコードに手を加えずにそのまま走るぜ,というところ。

だから,このソースコードをダウンロードして自分のPCで走らせたいときは,このローカルマクロの定義部分だけ書き換えれば,後はちゃんと走るはず。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2447

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)