« blood donation | メイン | autumn leaves »

2011年11月02日

spin-off

旬刊商事法務10月25日号の太田せんせの「スピン・オフとスプリット・オフ〔上〕-成長戦略としての積極的活用に向けて-」を読んでいて思ったのだけれど。

どうやら,太田せせの筋(といっても,下を見てないので,ひょっとするとこの後に大展開があるのかもしれないけれど)は,スピンオフが,USでは盛んに使われているのに対して,日本ではあんまり使われてない理由は,税法と金商法が原因だ,ということっぽい。

でも,太田せんせが書いているように,USでスピンオフがメインに使われている理由が,conglomerate discountの解消にあるのだとしたら,同じニーズが日本にあってもよくて,税制上のコストがあっても,それを上回るconglomerate discount解消のベネフィットがあれば,日本でも,スピンオフをすることは,合理的になる。
にもかかわらず,日本ではスピンオフが全く行われないのだとしたら,日本では,conglomerate discountの解消がベネフィットだと感じられていない,もうちょっと言うと,経営者のエージェンシー問題が当然のように存在しているんだ,ってことを,太田せんせは暗黙のうちに主張したいのかしらん。――ちょうど,数年前にNECの親子上場が批判されていたように。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2431

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)