« governor's house | メイン | stata tips »

2011年11月27日

pain au traditionnel

池袋のPain au Traditionnelで,バゲットとチャパタをげっつ:

札幌に本店のあるパン屋さんのようだけど,食べログで評価が高かったので行ってみる。

メゾンカイザーやVilonのように,粉の旨みが絶品!というほどではないが,普通においしいバゲット。とはいえ,メゾンカイザーなんかが,ちょっと旨みが強すぎて,料理よりパンが勝ってしまうのに対し,これくらいの味の方が料理に添えるのにはいいかもしれない。
少しもちもち感のある生地に,ちょっと酸味のある発酵で,個性のある香り。この酸味は,スープに浸して食べたときに特に強くなる。ただ,嫌な酸味ではなく,それが加わることでむしろおいしくなる。

チャパタの方は,「店員のお勧め」で,オリーブオイル入りのもちもちした生地とのこと。味は,フォカッチャに似てる。料理と合わせるなら,オリーブオイルの入ってないシンプルなバゲットの方がいいかな。味も,バゲットに比べると薄め(逆に言うと,バゲットはぎゅっと濃縮された感じ)になってる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2446

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)