« hedonic | メイン | re: ham »

2011年10月06日

Beijing souvenirs 1

大紅袍:

ある先生からいただいたものだけれど,すごくいい茶葉! 烏龍茶(台湾高山茶)よりも焙煎が強めになっていて,しっかりした味がある。香りがいいだけでなく,甘みも強くて,とてもおいしい。パワーもあって,5煎目くらいまではきちんと入る上に,これを飲んだ後,かなり長い間興奮して体がほてっていた。大紅袍といっても偽物が多いけれど,これは,本物の中でもかなり上物のはず。茶商街で飲ませてもらったものとは,全くの別物。

このほか,いつも通りのお茶をいくつか買ったけれども,とりあえずはパイ類をば。まずは,北京大百貨の地下にあった,稲香村のもの(スーツケースの中でちょっと崩れた):


順番に,緑豆・棗・南瓜?・状元・餡・パイナップル。うーむ,どうもこの稲香村は,全体的にいまいちだ。パイ生地がぱさついていて,あまりおいしくない。中でちょっといい感じなのは,南瓜?あたりか。

こちらは,呉裕泰の王府井店の北隣にあるお土産屋さんの奥にある月餅店の詰め合わせ:




こちらのお店の方が,パイ生地がぱりぱりっと焼けていて,おいしい。中では,伍仁・百果・黒胡麻あたりがおいしかったかな。百果は,ナッツとフルーツ(レーズンなど)の酸味があってさわやかでなかなかいい。黒胡麻はフェンネルっぽい香りがして面白かった。全体的に,こちらのお店の方が,フィリングについても,ナッツやスパイスを豊富に使っているなど,作りがいい。
これを教訓に,次回からは選んで少量を買うようにしよう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2414

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)