« from Beijing | メイン | eating Beijing 2 »

2011年09月26日

man-han full dinner

清朝のお姫様が住んでいた屋敷(四合院)をレストランに改装した「格格府」:


明日ここで伝統的作法に則った結婚式があるということで,飾り付けの準備が:

左は明代,右は清代の家具。明代のものの椅子は,背もたれの上の部分が,お役人の帽子に似てるので,それに由来したネーミングになっているとか:

なぜか,敦煌の壁画にあったのを復活した(と称する)踊りもつく:

そして,満漢全席を生まれて初めて食すの図:

甘いのとか乾いたのとか,4品ずつセットになっているらしい。
こちらは,卓上で鍋をするのが売りの店ということで,アヒルと茸のスープ:

水餃子と麺:

肉絲入り饅頭:
Beijing11Sep12.jpg
餅米と棗のデザート:
Beijing11Sep13.jpg
どれも(゚д゚)ウマーでした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2407

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)