« sunflowers 2 | メイン | obon in miyagi »

2011年08月14日

ohagi

お盆だ!というので,秋保おはぎのさいちにMTBで行ってきた。秋保まではいつも,秋保街道経由で行っていたのだけれど,今回は48号線で愛子までいって,そこから錦ヶ丘経由の山越えで秋保に向かってみる。所要時間,45分。青葉区と太白区の境までは基本的に上りで,区境から秋保まで2km弱のダウンヒルがあるので,なかなか下りは爽快。

名取川を渡って温泉側に入ると,渋滞発生。お盆のこの時期は,さいちの周辺は,おはぎを買い求める車で大渋滞するってホントなのね。

さいちの店内も,おはぎを求める人の列が店内に長蛇の列,3つのレジも反対側の壁まで長蛇の列。それでも,その場でがんがん作っているので(実際,買ったおはぎは,炊きたてだったらしく,まだかなり熱かった),列はどんどんはける。
帰りも順調とおもいきや,

48号線の郷六と八幡6丁目の間付近で,追い越しをかけてきた市バスが反対車線の車を避けようと幅寄せしてきて,縁石との間に挟まれてcrash。上手くバランスがとれたので,幸いけがもなく,MTBも頑丈なのでどうやらセーフ。MTBやroadは,ままちゃりよりずっとスピードが出てるんだから,追い越しに時間がかかるってことくらい予想しながら運転しろよ,ぶぉけー,と激怒。
けーさつが来て,簡単な現場検証をしてったので,30分ほどロス。ちなみに,このバスは,そこで運行休止。とばっちりが行った乗客の皆さんがちょっとかわいそうではある。

それはともかく,げっつしてきたおはぎでお昼:

おいしいんだけれど,おいしいんだけれど(←大事なことなので(ry),相変わらず塩が強いw 最近上品な和菓子ばかり食べていたせいか,特に塩が強く感じる。悪く言えば「田舎くさい」,良く言えば「野趣に富んでいてパンチ力がある」。特に,あおばたきな粉が凶暴。前はこんなに塩が強くなかったと思うんだけれどなぁ。
そして,ついでにげっつしてきた,佃煮系。きゃらぶき・蜆のしぐれ煮・削りスルメ:

こちらも半端なく醤油が強い。ご飯のお供だな。うーむ。
と思っていたけれど,食べていたらだんだん塩味になれてきた。それに,真夏日の秋保往復で汗かいたから,これくらいの塩分補給はちょうどいいのかもしれない(と自分に言い聞かせる)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2381

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)