« broad beans - Krapfen | メイン | dashi 2011 »

2011年07月01日

a social experiment

今朝の日経1面トップ

東大、秋入学への移行検討 国際化を加速

だけど,なかなか面白い実験ではある。

理屈の上では,clientele effectを狙った合理的な戦略ということになりそうだけれども,これって「ギャップイヤー」の分だけ学生にコストがかかるわけで,いろいろと仮説が立てられそうだ。それを実証できるようにちゃんと一人一人をトラックしたデータセットが作られたら,labor/educational econの人たちは+(0゚・∀・) + ワクテカ +だろうなぁ。

たとえば,

- ギャップイヤーの分だけコストがかかるわけで,シグナリングにならないかなー
- でもそれを考えると,self-selectionが結構かかるので,推定作業はいろいろと大変だなー
- return to educationがどう違ってくるか
- 特に,return to educationのうち,当該個人に発生するものと,社会全体に発生するものとがあるわけで,後者が大学(国公立・私立を問わず)に多額の税金がつぎ込まれている根拠なのだけれども,↑のclientele effectは,どちらかというと前者の側面に着目した戦略なので,後者の側面にも配慮しないと批判が来るかも

って辺りが面白そうなresearch themeになりそう。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2350

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)