« service, service! | メイン | probabilistic effect and causation »

2011年06月13日

kujira-mochi

で,昨日の山形行きのお土産:

帰り際にさくらんぼ東根駅で売っていたので,げっつしてみた(これは東根のメーカー)。くじら餅っていうと,山形の最上地方っていうイメージがあるんだけど,置賜地方でも売ってるのか。

原材料を見る限りは,柚餅子とほとんど同じだw 整形してあるかどうかの違い?

が,切り分けてみると。軟らかめで,小麦粉的――原材料は餅粉の他に上新粉なんだけど――なざらざら感が残っている。宮城の柚餅子に比べると,甘さが控えめで代わりに醤油が強く,以外に上品な味(見た目はともかくとして)。胡桃がごろごろ入っているのいい感じ。味の方向性としては,仙台でいうと,ひろせの笹ゆべしに近いかな。笹ゆべしはもっとぷりっとした食感だけれども。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2338

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)