« plum works 2011 | メイン | green pea »

2011年06月06日

jalapeno

昨年のめちゃくちゃ暑かった夏に大量に収穫されたハラペーニョは,大部分はピクルスにして今でも使っているんだけど,残りの一部は,すりつぶして塩と酢で和えて,ハラペーニョソースにしてあった。それを本日,9ヶ月ぶりに開けて食してみると。

- ハラペーニョのピクルスが,割とがつんと最初から辛みがくるのに対し,こちらは,最初は大して辛くないな,と感じるのだけれど,じわじわと辛みが出てきて結構辛い
- 他方で,ピクルスは単に辛いだけだけれど,こちらは「旨み」がある

作り方のメカニズムとしては,唐辛子と岩塩だけで作られているというタバスコと同じなはずなんだけど,塩と酢をあわせた後で放置熟成させることによって辛さがマイルドに(少なくともファーストアタックについては)なるとともに,旨みが出てくるところがおもしろい。肉料理のソースによくあいます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2333

コメントする