« final tulips | メイン | bonito »

2011年05月13日

FEVD

Symposium on Fixed-Effects Vector Decomposition (PA2011)
PoliSciにおけるFEとREの特殊な(←econometricsに慣れた目から見ると)位置づけについては,昔のエントリでも書いたことがあるけれど。

FEVDというのは,FEにおける異時点間で不変な変数(→FEにすると消えちゃうぜ,な変数)を扱わんとするもの,といううたい文句。

確かに,ECONやFINの世界であつかうパネルだと,割とtime-invariantでなくて,time-varyingな変数に着目することが多いけれど,PoliSciだと,time-invariantな変数が分析の対象になることが多そうだからなぁ,という点で,PoliSciが少しかわいそうな気になりもする。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2318

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)