« consumption | メイン | cover design »

April 6, 2011

eating Beijing 4

先月の北京土産のうちの一つ:


その発想はなかったわ...

味の方は,(胡麻)油とちょっと苦みのある桃仁が入ったもちもちっとした「求肥」っぽい食感のもので,ちょっと変わった味なんだけど意外にいい。しかしこのパッケージでは,つられたクマー感が強すぎるorz

         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんな餌で俺様が釣られクマ――
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈         __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2295

コメント

まえに中国の方からいただいたお土産で、同じようなパッケージを見ました。実家であけたのですが、あまりのことに家族みんなで大笑いしました。さすが中国、というべきなのでしょうか・・・

確かに,これは,「余白」の取り方がすぱらしすぎますよね...

コメントする