« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月29日

●too big to fail

Failure Is an Option: An Ersatz-Antitrust Approach to Financial Regulation
Macey and Holdcroft (Yale L.J. 2011).
abstract:
We distinguish the economic problems when large financial institutions (“banks”) become insolvent from the political challenges that exist before banks are distressed. These political problems arise because policymakers would like to be able to precommit while a bank is still healthy to refrain from bailing out the bank later, should it become distressed. Political theory and historical experience show that politicians facing unsettled capital markets and highly anxious voters will always bail out the financial institutions that they deem “Too Big To Fail.” As such, the only way for government credibly to commit to refrain from pursuing a Too Big To Fail policy is to break up the largest financial institutions before they become Too Big To Fail. We identify the size at which we believe banks become Too Big To Fail. Banks that reach this size should be broken up. Liabilities should be limited to a metric based on the actual funds devoted to resolving failed banks. The metric that we identify is the targeted value of the FDIC’s Deposit Insurance Fund. We would prohibit any financial institution from amassing liabilities in an amount greater than five percent of the targeted value of this fund. The government could thereby commit credibly to stopping bailouts and to pursuing a policy of allowing financial institutions to fail. We believe that the lost economies of scale associated with this “ersatz-antitrust policy” would be offset by the large savings realized by avoiding future bailouts.
続きを読む "too big to fail"
2011年04月27日

●clochette - apr 2011

久しぶりに北仙台に行く用事があったので,clochette探訪:

くるみ角食とグリーンオリーブフランス。

続きを読む "clochette - apr 2011"
2011年04月24日

●firefly squid

今年もホタルイカの季節がやってきた:

続きを読む "firefly squid"
2011年04月22日

●impossibility

債務不履行における不可抗力免責の範囲が,今度の震災で話題になりそうだけれども,ちょっと前に(=震災前の去年の年末くらい)あるところで,不可抗力免責の範囲なんて,科学技術の発展によってどんどん狭くなっていくはずだから,固定的に捉えられないよね,って話をしたことがある。

そのときに挙げた具体例は,トヨタが宮城県大衡に新しく工場作ったけれど,その時点で宮城沖が10年以内に来る確率90%って言われている状況で,九州でも四国でも北海道でも作れたはずなのに,あえて宮城に工場作るっていうことは,仮に大地震が来て製品が出荷できなくなったとしても,そのリスクは計算に入れた上で工場を造っているはずだし,一時的に出荷できなくなっても立ち直りのためのBCPをちゃんと作っていなかったら,「コントロール不可能」という意味での「不可抗力」とは言えないんじゃないか,というストーリー(まぁしかし,この話をした時点で,本当にこんな事態になるとはさすがに思ってなかったぉorz)。

別に地震に限らずとも,科学技術の発達によってさまざまなリスクの実現可能性とそれに対するコントロールの可能性っていうのはどんどん向上していくはずだから,それにともなって「不可抗力」の範囲というのは次第に狭くなっていくんじゃないだろうか,っていうことを,某所で債権法改正の話が出てきたときに言ってみた。

続きを読む "impossibility"
2011年04月21日

●asymmetric process

The Good News-Bad News Effect: Asymmetric Processing of Objective Information about Yourself
Eil and Rao (AEJ 2011)
abstract:
We study processing and acquisition of objective information regarding qualities that people care about, intelligence and beauty. Subjects receiving negative feedback did not respect the strength of these signals, were far less predictable in their updating behavior and exhibited an aversion to new information. In response to good news, inference conformed more closely to Bayes' Rule, both in accuracy and precision. Signal direction did not affect updating or acquisition in our neutral control. Unlike past work, our design varied direction and agreement with priors independently. The results indicate that confirmation bias is driven by direction; confirmation alone had no effect. (JEL D82, D83)
続きを読む "asymmetric process"
2011年04月19日

●luka

今年はやや遅いけど(法学部・法学研究科は5月6日入学オリエンテーション,5月9日授業スタート),新年度になって,新入生が新しい土地で生活し出すんだねぇ,というわけで。

2011年04月18日

●cherry blossom 2011

亀千代桜 in 八幡:


(Ultron 40mm F2)

続きを読む "cherry blossom 2011"
2011年04月17日

●spring garden 2



(Ultron 40mm F2 with close-up lens)

続きを読む "spring garden 2"
2011年04月16日

●Tsunogoro - Apr 2011

Spring of Tsunogoro, Sendai.



(Ultron 40mm F2)

続きを読む "Tsunogoro - Apr 2011"
2011年04月15日

●Earthquake Report

一昨日開かれた,これがすぱらしすぎる件:

東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会

続きを読む "Earthquake Report"
2011年04月14日

●dried sardin - difference

続きを読む "dried sardin - difference"
2011年04月12日

●expected utility

Are CEOs expected utility maximizers?
List and Mason (J. Econometrics 2011)
the abstract:
Are individuals expected utility maximizers? This question represents much more than academic curiosity. In a normative sense, at stake are the fundamental underpinnings of the bulk of the last half-century’s models of choice under uncertainty. From a positive perspective, the ubiquitous use of benefit-cost analysis across government agencies renders the expected utility maximization paradigm literally the only game in town. In this study, we advance the literature by exploring CEO’s preferences over small probability, high loss lotteries. Using undergraduate students as our experimental control group, we find that both our CEO and student subject pools exhibit frequent and large departures from expected utility theory. In addition, as the extreme payoffs become more likely CEOs exhibit greater aversion to risk. Our results suggest that use of the expected utility paradigm in decision making substantially underestimates society’s willingness to pay to reduce risk in small probability, high loss events.
続きを読む "expected utility"
2011年04月09日

●contempt of court

本日午後3時前,都市ガスが復旧して,ライフラインは完全に復旧しました。ガス復旧してくれた静岡(中遠ガス)の人,ありがとー。

それはさておき。1月の終わりの日弁連でのセミナーでしゃべったことのうち,たぶんほかで再録されないだろうなー,と思われるポイントをメモっておこう:

それはどこか,っていうと,仮処分命令違反と裁判所侮辱罪。プリンスホテル日教組事件判決の後,日経の法務欄なんかで,

アメリカだったら裁判所の命令に違反したら裁判所侮辱罪が発動するから,裁判所の命令には強い拘束力があるのに対し,日本の場合には,裁判所の発した仮処分に違反しても損害賠償しかない。それって問題だから,日本でもアメリカのように裁判所侮辱罪を導入することを考えてはどうか

っていう方向性の論調が見られたけれど,それは日本法とアメリカ法の違いを理解してないよ,っていうストーリー。

続きを読む "contempt of court"
2011年04月06日

●disaster relief

東北大の学生さんへ,もし興味があるならたとえば,学生有志によるボランティア活動として:

東北大学地域復興プロジェクト"HARU"

http://tohokugakuseifukko.blogspot.com/

でも,参加する際には,こういう悲惨な状況下では次の点に注意をば:
援助者のストレス (小西聖子)

http://www.jstss.org/info/pdf/info01_05.pdf

cf. 東北大全学サイト:http://www.tohoku.ac.jp/japanese/volunteer.html

●cover design

そういえば,『支払決済法』のカバーデザインはどなたが担当したのか,カバーに書かれていないようなので,ご紹介をば:

奥川はるみさん

です。

●eating Beijing 4

先月の北京土産のうちの一つ:

続きを読む "eating Beijing 4"
2011年04月05日

●consumption

続きを読む "consumption"
2011年04月03日

●measurement error

何かを測定するときって,samplingを複数回繰り返してその平均と分散くらいレポートしてくれないと意味がない,というのが普通のサイエンスのお約束のような気がするんだけど。

続きを読む "measurement error"
2011年04月02日

●spring garden 1


続きを読む "spring garden 1"
2011年04月01日

●hindsight bias

よくある話だけど,

FXで○億円儲けました

っていう本が売られてることがある。

でも,普通に考えればFXで継続的に大もうけすることっていうのはほぼ不可能であって,その人がたまたま過去に○億円儲けられたからといって,これからも同じペースで儲けられるっていう保証は全くない。皮肉な見方をすれば,だからこそ,その著者は,本を書いて印税で稼ぐ,というビジネスモデルに変えたのかもしれない。

ただ,FXで継続的に大もうけするテクニックが存在しないということは,継続的に大もうけする人がでないっていうことを意味するわけではない。たとえば1000人にFXをやらせれば,その中にたまたまついていて連戦連勝になる人が一人二人出てくることは,確率的に十分あり得る。もちろん,他の人は,プラスマイナスとんとん程度だったり,大損したりしてる人が大部分なんだけど,そういった人たちは「声を上げない」。
なので,そういったたまたま運の特別良かった人を取り上げて「私が成功したFXテクニック」という本を書かせると,何かにすがりたがってる潜在的読者(=カモ)をたくさん釣り上げられて(゚д゚)ウマーというビジネスモデルになる。

続きを読む "hindsight bias"