« eating saga | メイン | Beijing »

March 5, 2011

eating sapporo


AT君謹製の札幌食事ファイルによるとスープカレーで人気店の一つであるPicanteに行ってみる。行列ができるほど混み合う店らしいのだけれど,僕が行った12時半頃は,待ち時間ゼロで入れた(でも満席)。ただ,食べ終わって出てきた13時過ぎには外まで行列ができていたので,たまたま運が良かったのかもしれない。
注文したのは,こってり系スープ(アーユルヴェーダ薬膳1/f)に仔ひつじの欧州ハーブ煮の辛さ2。結構ボリュームがあるさらに,トマト系のさらり(←普通のカレーからするとこれもさらりだなぁ)としたスープに素揚げした野菜がごろごろ入ってる。ご飯は,バターライスで今ひとつ。インド系の内装にするならジャスミンライスとかカーオ・ニャイとかにしてくれればいいのに...
で,お味の方は,ちゃんとおいしい。が,基本的に,僕が普段自分で作っているインド風カレーと大して変わらない。まぁ,要は入れるスパイスが似た構成でトマトベースだとこうなるよね,という味だ。僕の自作の方が,牛乳・ヨーグルトなどが入るのでどろっとした感じが強まるのと,こちらはターメリックが(ほとんど)入ってないためか黄色くなってない点が違うくらいか。それと,スープカレーは煮込むのではなく,素揚げした野菜や肉を後から追加する方式だから,ファーストフード的にさくっとサーブできるところが違うのかもしれない。
というわけで,こういうインド風カレーを作り慣れない人にはきっとおいしいんだけれど,作り慣れている人にとっては,「確かにおいしいけれどわざわざ外食で行列してまで食べる味かな」と思ってしまう。いや,おいしいんだけどね。

このほか,空というラーメン屋でラーメンを食してみる。普段ラーメンって全然食べない(数年ぶりだ)――でも中国とか台湾とかで麺料理は結構頻繁に食べてる――ので,S君のように比較できないけれど,こってり味噌スープ(←普段の薄味になれていると無駄に濃いw)に太縮れ麺でおいしいんぢゃないでしょーか。

最後のこれは,くぼさんが佐賀に持ってきてくれた,ねんりんや:

(゚д゚)ウマー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2283

コメントする