« seasonal festival for peach blossom | メイン | eating sapporo »

March 4, 2011

eating saga

3月の頭は佐賀に行ってきたので(だけど現在札幌なので,西に東に南に北に飛び回ってるなー。ちなみに来週から北京)仙台では手に入りにくい,九州名産アイスたち:


どっちもウマーでした。

# しかし,「黒い白い山」っていうのはいかがなものか...

手羽虎でのもつ鍋:

城跡(=県庁)近くのお堀沿いにある雰囲気のある店。味もなかなか。

こちらは,お昼を食べた,佐賀大学近くの定食屋さん(「学定」):

お土産に,大原の松露饅頭

薄い人形焼きの生地に,黒糖っぽいこくのある漉し餡。でも,原材料見てみたら黒糖は使われていなくて,代わりに可能性のあるのは蜂蜜か。賣茶翁に比べるとさすがに上品さに欠けるが,十分においしい。「名物」の割にはちゃんとしてる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2282

コメント

懐かしのブラックモンブラン、ググってみたら今95円?なかなか微妙な金額ですね。

でも僕らが子供の頃に比べるとアイスの値段って上がってるから(青リンゴソーダが30円だったが,今のガリガリ君は60円くらい),アイスの最低金額が100円前後ってのは,まぁ仕方がないのかな,という気がする。

コメントする