« Beijing | メイン | eating Beijing 2 »

March 8, 2011

eating Beijing 1

朝のホテルのバイキング:


レストランほどの味はないけれども,まあまあいい。日本では食べられない,臭豆腐でお粥を食すのがいい感じ。全体的に朝から油で炒めた料理が多いのはご愛敬。パン類は,粉っぽくて膨らみが悪く,避けた方がいいけれども。この日は,肉まんが良かった。

こちらは,お昼を食べた清華大学構内のレストラン:


大学構内のレストランは何カ所か食べたけれど,ここが一番おいしいんじゃないかという気がする。

こちらは学長のオフィス:

皇族の元宮殿か何かなので,豪華。

こちらはホテルの隣のレストランで夕食:


ここに来るのはもう何度目だろーか。十分おいしいんだけど,お昼とか昨晩のワハハ系列のお店の方がおいしかったな。

10 year after cafeというネカフェで,Schwartzwalderkirchetorteを注文してみる:

チェリーの香りはそんなにしないが,スポンジと生クリームが丁寧に作ってあって,予想外においしい。ホテルのパン系なんかで,こういう洋風なものに対する猜疑心があったけれども,ここのケーキは普通においしい。意外だ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2285

コメントする