« yellowtail and radish | メイン | kumquat »

January 25, 2011

re: a ham

骨付きハムがとてもおいしいので物作り心がかき立てられ,2ちゃんの有名レシピ「鳥はむ」を初めて作ってみた:

胸肉を2日半塩漬けにしてから,洗って塩抜きして火を通す。以前結構作ったことがあるという相方から,「初めてなのに,ちょうど良くできてるね」とお褒めの言葉をいただく。それはまぁ,2ちゃんのレシピがとても丁寧に書かれているからですよ。うむ。

元の胸肉とは違って,ハムっぽい旨みが出てきているし,ぱさぱさしておらずに柔らかい。これは確かにお手軽だし,何度も作りたくなるなー。火の通し方も味付けも一発目でジャストになったのはすぱらしい(←自画自賛)。

で,骨付きハムの方は,まだまだ大量にいろいろあるので,いろいろと調理してみる。これは,解体した後の骨を煮込んで作ったスープ:

コンソメも何も入れてないのに,骨から旨みがよく出ていて,すぱらしい。

こちらは,セロリ・人参・玉葱とあわせたマリネ:

さっぱりした感じだけど,ハムの旨みがアクセントになるのがぐー。

これはおまけ。紫芋を発見したので,買ってきて焼いてみた:

普通の薩摩芋(紅東とか)に比べると,ねっとりした甘みがあるところがいい。色はあまり食欲を増進する色合いじゃないんだけど。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2254

コメントする