« kagami-biraki | メイン | donto-sai »

January 12, 2011

clochette

北仙台に行く用事があったので,北仙台駅近くのClochetteという小さなパン屋さんによってみた:


上から,角食・無花果ベーグル・クロワッサンBC。

角食は,もちっとした食感の生地で,粉の旨みもそこそこあってなかなかおいしい。持ってみると,食パンの割には重量感があって,水分含有量がおおいのかしらん。

ここのベーグルはちょっと不思議だ。厳しいことを言うならば,「これはベーグルではない」。つまり,ベーグル的なchewyな食感がない。けれども,目の詰まった生地で,重量感もあるし,粉の旨みも伝わってくる。それに,大きなドライフィグが1個ごろりと入っているのもうれしい(ダイスじゃない)。確かドライフィグって結構材料費かかるはずなのに。普通のベーグルっぽくないんだけど,でも,目の詰まった堅さがあるので,クリームチーズをたっぷりのせて食べるとよくあって(゚д゚)ウマー

最後のクロワッサンBCの「BC」は,butter cakeの略らしい。つまり,バターケーキを焼いた上で,それをクロワッサン生地でくるんで焼成したもの(王蟲に見えなく....もないか)。クロワッサン生地は,もうちょっと香りの高いパターを使ってくれたらなぁとは思うけれども,生地の作りはさくさくですばらしい。まぁ,お値段が良心的(170円)なので,バターをランクアップするとコストがかかりすぎるんだろう。チョコクロワッサンのような感じで,クロワッサンの中に甘い生地が入っている(しかも食感が違う)のは,なかなかうれしい。

というわけで,なかなかいいパン屋さんでないかというまとめ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2246

コメントする