« EL | メイン | jfba »

January 30, 2011

arranging the ham

例の骨付きハムは,まだまだいろいろと食し続ける。

ハムカツ:

ローストハム:

ハムカツは,確かにおいしいんだけど,いわゆる普通のハムかつのように,いろいろと放り込まれた味ではなくて,肉の味がシンプルにおいしい,ただの高級豚カツになってしまったorz おいしいんだけど,何かちょっと違うような気がしないでもない。いわゆる「ハムカツ」っていうのは,あのチープなスライスハムの味をいかにごまかして食べるか,っていうところから成り立っている料理なんだ,ってことを実感。
続くのは,ローストハム。オレンジジュースを煮詰めたたれ(他に蜂蜜・ブランデー・クローブ入り)でglalzedし,クローブをぷすぷす刺したもの。カリカリに焼けた表面の脂身にオレンジの香りがして,クローヴの癖のある香りがすぱらしくマッチする。やはり脂身はおいしいよなーと実感する逸品。あ,赤身もおいしい。

以下おまけ。まずは,店頭で見かけた和布蕪:

寒い日が続くけれども,和布蕪が出始めると,もう春が近いな,っていう気になる。
最後は,金柑の甘露煮を活用して相方が速攻で作ってくれた,冷凍パイシートとクリームチーズを使った金柑タルト:

金柑の香りがいい感じ。クリームチーズの酸味もなんちゃってチーズケーキ的でいい。ありがとー。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2257

コメントする