« A380 | メイン | oyster festival »

November 6, 2010

akegarashi

9月の日経に出ていた「あけがらし」を相方が注文したところ,人気が出て品薄になったとのことで,1カ月以上たってから到着:

開けてみたところ:

金山寺味噌のように甘くて麹が残っているんだけれども,和辛子(唐辛子も入ってる)が利いていて,ぴりりというよりはややツンとした辛みが爽快。ご飯のお供や酒の肴にすごくあいそうだ。唐辛子じゃなくて和辛子の味が,ほかの商品と違う独特の個性をはなっていて,すばらしい。
説明によると,3カ月寝かせると,麹の発酵が進んでより味が丸くなるらしいので,もう一瓶はもうしばらくとっておこう。

ついでにこちらは,鮭が安かった(半身400円)ので,げっつしてきて白ワイン蒸し:

やっぱり旬の生鮭は,塩鮭と違って,風味があっていい。特に,蒸したときにセロリの香りが移っているのも,なおよい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2199

コメントする