« distrust and regulation | メイン | autumn harvest 4 »

October 7, 2010

hayabusa


「はやぶさ」の実物大模型(←だって本体は大気圏突入で消失してカプセルしか残ってないし)が,東北大片平キャンパスのエクステンション棟(要は法科大学院の建物)の1F吹き抜けに来てます。久しぶりに法科大学院へ授業のために出かけたので,そのついでに撮影。

本体は案外でかいのねー,っていうのが初見の感想。なので,近くで見るより,5階から見下ろした方が全体像がよく見える。イオンエンジンは,横についているので,下から見た方がいいけれども。フレームは案外細くて,よくこんなので長旅できたなー,と感心する。

にしても,このイオンエンジンを見てると,「こんなこともあろうかと」を思い出してしまう:

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2181

コメントする