« travel agency | メイン | before and after: umeboshi »

August 21, 2010

cafe et creperie note

以前行ったことのあるBrasserie Noteの姉妹店,cafe et creperie Note

仙台ではガレットで有名なお店なのだけど,ガレットって食べたことないので楽しみにしていた。

ガレットと言っても,バターのたっぷり入ったクッキー生地のもの(たとえばこれなんかは,何度か作ったことがある)ではなくて,蕎麦粉のクレープの方。

で,Galette Complete,Tomate:

そして定番のGalette Complete:

普通の小麦粉で作るクレープと違って,ふわりと軽い食感で,香りもちょっと違う。日本の蕎麦ほど蕎麦の香りは強くないけれど,それでもやはり独特の香りがある。見た目が茶色いのと,「galette」という言葉の連想から,ぱりぱりに硬い生地なのかと思いきや(←瓦せんべいみたい),ふわりとしているところが想定外。
ちょっと塩味の強めなハムに,半熟卵の黄身を崩して回すと,ちょうどソースのようになってなかなかおいしい。日本で食べるにはオサレな感が漂う。場所が場所なので,近くのOLさんたちがお昼時には多いし,店員さんも「デセールおねがいしまーす」などと厨房に向かって叫んでる。内装もParisを意識してる。

dessertは,Crepe caramel et banane:

で,ガレットの直後に,普通のクレープを食べると,両者の違いがすごくよく分かる。クレープは,癖のない味に,小麦粉らしく,澱粉が糊化してもちもちっとした食感になる。両方試せるっていいね。カラメルソースは,かなり焦がして,砂糖をほとんど飛ばしてしまった,ほろ苦。バナナの甘みで食べるデセールだな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2147

コメントする